この記事をシェアする

水引きを始めあなたの冠婚葬祭を全面サポート

熨斗紙の書き方

熨斗紙を連名で書くことはよくありますよね。夫婦の場合もそうですし、社内のグループでご進物を準備する場合もそうです。複数の品物をご進物にする場合には、熨斗紙をどのようにつけるかということも、考えなくてはいけません。

夫婦の場合には、夫を姓名で書き、妻をその左側に名前だけ書きます。数人の会社の同僚などがご進物をするときには、その数人の姓名を書いておきます。先輩や後輩など、何となく上下関係がある時には、上にある人を右側に書くようにします。

送り主の数が多くて全員の名前を入れるのが難しいときにはグループ一同というような書き方をしておきます。課長とその課のメンバーの場合には、課長の名前とその左に他有志一同というような書き方をします。

上書きは必要か

ご進物では、熨斗や水引きはもちろん、上書きをする方が正式です。しかし、もっと軽い気持ちで、入学祝などをお送りする場合には、掛け紙はつけても名前は書かなということも許されます。いわゆる無地の熨斗です。そんな時でもきれいな和紙をかけておくと受け取った方の喜びはひとしおです。

逆に複数個のご進物をするときには、全ての箱に掛け紙をすることはしません。お渡しするときに一番上になる品物あるいは一番高額なものの箱にだけ掛け紙をします。こうして複数個のご進物をするときには、名前を書く時にも、同じことです。すべての箱に名前を書いたりはしません。

掛け紙のしきたりも地方によってずいぶんといろいろですから、各地方のお年寄りや、昔からある冠婚葬祭のお店に問い合わせて確認するとよいですね。